子育てが終わって、これからが私の独り歩きです!


by razuberi3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

虹のかなたへ

 虹のかなたへ:アーレン作曲....お母さんにプレゼントだよ!!....と聞かせてくれたの。
 
 実は金曜日にチアノーゼが出ていて、鼻血も出血傾向だったので学校を休ませたの。そしたら、「リコーダーのテストが月曜日にあるからとってきてほしいという。」

 ええーっと思ったんだけど、いってきました。そして土日は、予定どおりの練習。おねえにリズムを取ってもらいながら、呼吸が続かない。
 ぜんそくはこのせいか....チアノーゼも....840グラムで肺機能が育つ前に生まれたKには、みんなが当たり前にしている呼吸さえもたいへんなんです。

 呼吸器は確かにとれたけど、笛をふくという行為さえも息が続かず『とっても苦しい....』思春期にスポーツをやることで、肺がそだってくれるといいなといのっています。

 そんなKからのプレゼントが、『虹のかなたへ』でした。

 いままでは、「自分は下手だ」といって私の前で吹いたことがありません。気にはなっていたけれど、無理くり吹かせるのも嫌だったからそっと見守ってきました。今回は少し、自信が付いたようでおねえに少し背中を押されていたんだけど....「お母さんにプレゼント!」といって聞かせてくれました。万歳!!

 きれいな曲に感動したのか「おねえが泣き出してしまう」

 本当はもう、自信がないという....『大学受験』頑張って頑張って、点数がすごくあがったのに全国模試の順位は横ばいです。みんなもそれなりに伸びてくるから当然のことです。いままで、どんなときもパーフェクトに太鼓判を押されてきたおねえは、動揺しまくっています。不安だよね!!
 
 第一希望に、みんなが入りたくて頑張っているんだもの。

 高校と違って、全国の高校生とわたりあうんだもの。そうそう、Aランクには届きません。でも、今は悩むよりやるっきゃないよ!!....とはなしました。

 私自身はいつもいつもボーダーラインすれすれで、どっちにころぶか?....それは常に「かけ」でした。受験なんてなんとも思っていなかったなあ〜。

 娘のように『落ちたらどうしよう?』よりは、「落ちる!!」という感じで受かった時には「狐さんにだまされている」と思ったくらいです。娘の弱さをノゾイテしまいました。

 娘には嫌いな部分かもしれないけれど....話したの。

 どんな結果が出てもいいから、ゴールまで、受験まで頑張ろうよ!!

 大学落ちても娘が学びたい分野を学べるだけの準備をしています。そして浪人するというなら、それもなんとかしようと思う。働きながら学ぶことも....いろんな道を提供しようと調べてもいます。働きながら勉強しても、大学出る友人と同じだけの資格をとれること。

 でもね、せっかくかじれる?すねがあるなら。。。

 可能性を信じてがんばって!!...元気だしていこうよ!!

 私は、誰かに励まされたことってないんです。今の子供たちは、こうして家族や友人と励ましあって....幸せだね!!

 Kも「お姉ちゃん、大丈夫だよ」....健康で生きていられたらどんなことでもできるし、やり直しもできるじゃんか!

 大討論会になってしまいました。気持ちを切り替えるのが上手な娘なので、数日で落ち着くとおもいます。
 
 元はといえば夫がね、同僚の子供が推薦で大学へ入ったことを娘の前でぺらぺらと....いっちゃうんだもの。そして、
お前は大丈夫なのか?...なんてね。。。。いうだけいって寝てしまうから、すっかり『おねえは動揺したんです』

 いつも、後始末は私です。

 合格して、おいしいごちそう食べにいくわよ!!

                           2004年12月20日 
[PR]
by razuberi3 | 2004-12-20 12:36 | ITP