子育てが終わって、これからが私の独り歩きです!


by razuberi3
カレンダー

<   2010年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

娘が帰省して...

昨夜、娘と...2010-07-29 21:09:04

 お酒が入って、、気持ちがほぐれたんだと思う...涙で語ってくれた事、ありがとう! 親としてチャント受け止めてあげたかったので、嬉しかった。「お墓まで持ってくつもりだったんだよ〜」なんて、涙こぼして話してくれた。。

 大学で教育を学んで、、初めて自覚した自身の事。

 お母さんの背中をみて、どんなに頑張っているかわかっていたから「寂しいとか、悲しいとか 甘えたい...」と思う事が罪だと思ったし〜言う事すらが恥ずかしい事だと思っていた...デモね、変な事していたよ...

 「お母さんが大事にしている本」のページの角を少しだけかじって破ってみたり...

私)その時の寂しさを口に出してほしくて...「なぜこんなことをするの?」ッて厳しく叱ったのに、貴女は何もいわなくてさ〜貴女の悲しさや寂しさを、私はいつ癒してあげられるんだろう?って悩んで居たのよ...

娘)一生言わないって思っていたし...でもその時を境に、お母さんはいつも私に時間を作ってくれたし..手をつないで歩いてくれたし...わかってもらえた!って嬉しかったの。だから、お墓までこの思いは持って行くッて決めていたのに...話してご覧!なんて言うから〜〜〜((爆))

 小4のときに、私はY子をいじめたりしていないけれど...みんなが嫌うY子を皆とおなじように避けていて、担任の先生に怒られた事を覚えてるの。「貴方くらいしか、チャントY子と向き合ってくれる子は居ないと思ったのに皆と同じ事をするんか!」って...

 そのときに、お母さんは...寂しそうな顔をしながら、「どうしても、つきあえない子はいる」って言ってくれたよね〜嬉しかったんだ!

 去年は1年、仕事で凄く大変な思いをしていて...でもお母さんは、絶対どこにでも「わかり合えない人はいるもんだよ〜」って笑っていってくれたよね〜今は乗り越えられて大丈夫だよ〜〜

     娘とじっくり...一晩、語り合いました。。

 またお母さんに心配かけるかな?って苦笑いしながら...とても辛かった日々の事、子供時代・思春期・大人になってから...それぞれの経験を話してくれました。。

 今日は疲れ果てて、寝ては起きて〜を繰り返して...

 ゲリラ豪雨もあって...外出する事なく〜〜のんびりとしています。こんなにお酒を飲んだのも、初めてかもしれない私たち。

    女2人で...大人の話!

 とても とても 切ない夜 を過ごしましたが...いつか、娘の心を癒したいと思っていました。

    手をつないで歩いた日のこと...

    娘のためだけに費やした時間...

 だって私は、貴方の母親なんだもの...

    ちゃんと貴女の悲しさと、、向き合いたかったからって話しました。

 いつも一人で、留守番をする貴女の寂しさは誰よりもわかっていたし...それでもKの看病とリハは容赦なく、時間を奪って行った、。

    そばに居てあげたくても、許されなかった時間、、

 よくグレることもなく、大人になってくれたと思いながら...いつかは癒してあげなくちゃいけない悲しさを、やっと受け止めてあげられた気がする〜〜

    この日、、この時間に感謝している...

 今夜一人で... 2010-07-29 20:53:56 2010-07-29 20:53:56

   娘? 今日はモウ、飲めないって... 

      ちょっと渋めの赤ワインです、。、。今夜は一人で飲んでます〜(微笑)
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-29 21:56 | 徒然

キャンプへ

ゲリラ豪雨だと言うのに!!

 どうしても行きたいらしく...雨が少し上がりかけると「大丈夫だ...」とつぶやきます。

     「送ってくれないか?」と

 体調はいいのだから、そして来春で卒業して行く仲間との最後の夏だと!!

 断りきれずに、タオルケットと床に寝られるようにアルミマットと予備の着替え一式を車に積んで出かけました〜

 激しい雨の中を走っていきました...2010-07-27 15:47:46

  こんなに遠かったかな〜(不安になる私)

   郊外、とても辺鄙な場所で気が向かない私?

 イヤ... 今晩、ひとりぼっち...寂しいし!! 寂しいから... 寂しくて...つまんない!!

 一人の時間は大好きなのに... キャンプに行かれると、何かあったときに車を出すのでお酒を飲めないし〜〜連絡がつく所にいないとダメだし(プール・映画はダメ!)

    久々の拘束時間...それが一晩も〜長過ぎ...文句たらたらの私とルンルンのKは苦笑!

 Kは、車椅子ですが...障害と言うのは たいしたことなくて??

    私たち親子に取って大変なのは〜〜〜「難病君」

 ウィルス感染など、外部の刺激から突然血小板が減少して出血すると止まらなくなる...鼻血だったり、、内出血だったり、、内蔵や脳内での出血は命に関わる事もあります。こんな病気(免疫生疾患)があるため、いつどんなときに緊急の処置が必要となるかわからず...突然死症候群もあるとの事で、「12歳までは毎夜2時間おきにバイタルチェック」をしていました。

 安全な無菌室での入院生活よりも、治らない病気なら手元で家族と暮らす事を選択したのですが、ケアが大変で〜〜それから10年経ち、今はずいぶん落ち着いたかな?

 それでもいつでもKの不調に飛んで行けるように、仕事も辞めて20年、ひたすら2人3脚で来春は20歳になります!

 20歳まで、、生きて来れたわ〜〜〜人間は何とかなるもんだと(ぷぷ)それでもキャンプに行くと聞けば...焦る自分が居ます。

 大丈夫かしら? 怪我をする危険性:何らかのウィルス感染(感染症)、目に見えないテキが居る事を改めて思い知らされます。デモ心配だけでは、何も進まないし〜〜いつかは一人で生活していくんだもの...止血剤を一杯持って元気に出かけました^〜^!

 やっとこ到着すると...仲間達は楽しく出迎えてくれて、荷物を降ろすのを手伝ってくれて〜〜Kはさっそく友達と遊ぶ算段...仲間達が私の相手をしてくれますが〜申し訳なくてさっさと帰宅〜

 帰りの田舎道で...2010-07-27 15:47:46
    道路脇から、キタキツネが飛び出してきました。

 自然の中で、楽しいキャンプだろうけれど...危険もいっぱいあるんだよなあ〜

   
    
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-27 17:27 | チェアウォーカー

国際的? ゆたか....

その1
 Kの高専は、アジア系の留学生がたくさん居ます。Kのクラスにはインドの留学生A君、一度我が家に夕食を食べに来ました〜英語を話して!ッてお願いしたら、流暢な日本語で「日本に来てからは、
日本語以外は話しません!」て断られました〜(頑固一徹)

 Kの英検のヒアリング練習に!って頼んだけど却下!!

 それでも授業中にわからないと、Kは英単語と手振りで説明するんですッて〜〜ずるいぞ!!

 映画を見たり、、食事に出かけたりと、、仲良しなんです〜〜

その2
 そして最近、我が家のお向かいに帰省して来た娘さんのご長男6歳...野球が大好き! 一度遊んであげたら〜俄然楽しかったらしくて、Kが外へ出るたびに飛び出してきます。。デモ残念ながらKは友人と出かけちゃったり〜卒研へいくんだったり〜

 少年は、、スカを食らってました...

 そしてとうとう掴んだ!! 今日の夕方帰宅した時には、野球相手を渋々と使用としていたおじいちゃんに「じいちゃんイヤ!」と叫んだのです。

 車から降りて来たKは、苦笑しながら私に鞄を渡して〜「お兄ちゃんとやるかい?」恐縮するおじいちゃんを球拾いに任命して...

 Kがボールをバットに当たるすれすれに投げています〜〜少年は打つ!!というか、バットに当たると言うか?...奇声を上げて大喜びでした〜

 実は、、Kは卓球やバスケが大好きですが、野球は苦手だと思います。脳障害から来る筋肉の弛緩や筋肉が拘縮による障害で、コントロールが旨くないと思ってました。だから遊んでもらう事は出来ても、よそ様のお子様と遊んであげるのは無理かな?って思っていたのです。

 私たち家族は、末っ子の彼をそんな目で見ていた../バリアの固まりだよな〜
 でもちゃんと、うまくバットに当てるようなボールを投げているので<<感動>>何も知らなかったけど、このくらい離れて...彼にこの程度のボールは投げてあげられるのね〜〜〜

 中学校生活から完全に付き添いをヤメた私には...Kの体育(スポーツ)の成長は、全く見る事もなく...たまに、Kから「けがをして保健室で休んでいる」との連絡を貰って迎えに行くだけでした。

 小学生しか知らないし〜〜〜 中学・高校で、実は結構いろんな経験をしていたのに...そんな事は男の子ッていちいち教えてくれないから、思春期は会話も少ないし〜〜ナンにも知らず(号泣)

 実はこんな事が出来るんだって...アホな私は、感動のるつぼに落ちて行きました。

 やっぱり、、脳障害だって ちゃんと進化している〜〜〜経験から、チャント学んでいる!って、とても嬉しくなったのでした〜〜

 馬鹿な母さんだけど、、生まれて来てくれて 生きててくれて有り難う!!

      久々にヘビーな世界に はまりました...

      こうして、、Kは成長しているんだと....
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-26 09:18 | チェアウォーカー

幸せなひとこま〜

 午前中は、停泊中の友人を迎えに来たご家族とお茶を飲んで...お土産をたくさんいただいて、いよいよお別れでした〜中学生までは「いつ死ぬかわからない」と言われていたKは、「別れ」が苦手で良く落ち込んでいました。今は一番危険だと言われた時期を超えた余裕で、上手に「さよなら」言えるようになりました。。。

 友人のご家族と楽しい時間を過ごして、、

 午後1時半には、別の友人が苫小牧の学生を連れてやってきました。学会参加の先輩です。以前から3人でチャットをしていたそうで、初対面なのに<<仲良し>>これから市内の観光案内に出かけるとの事でした。自由時間の間だけなので、晩飯はウチで食うから〜と軽快に、迎えに来たD君の運転で出かけて行きます。

 車椅子のKを見ても... なんでもないのね〜普通にお話をして笑っています(あたりまえかな)

 友人のご家族も〜〜 苫小牧の学生さんも〜〜 驚かないのね...私なら、こんなに当たり前にしているんだろうか?なんて考えちゃいました。

 私は、車椅子のKを育てていても...バリアフリーじゃないなあ!

 普通に接してほしい!って願いながら「普通ッてなんだろう?」って悩んでいます(苦笑)実は私自身の「殻」ナノだろうか... ひねくれた気持ちなのだろうか? 偏見なのだろうか? 

 「普通」を求めながら...「ここは特別でしょう!」ッて思ったりしていた...

   今はそんな思いもなく、とても幸せに過ごしていますが...


 D君は最近、車の免許を取りました。。そして警察官のパパからお墨付きをいただき...Kをのせては良く出かけてくれます〜〜ダーツも、彼が教えてくれました!

 夕方、送って来てもらって...

 我が家から車で3時間ほど離れた苫小牧高専の学生とチャットで知り合って、学会に来たついでに寄ってもらった!との事ですが〜

 今はこうして「パソコンを通じて知り合って...」逢うのですね〜

    私の時代は、文通か公衆電話だったわ〜〜〜

        レトロなおばさんだね〜〜(爆笑)

 
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-24 08:52 | 徒然

今日の空...

近所のおじさんが空を見上げていた...
 2010-07-20 20:05:43

車を降りて見ると...2010-07-20 19:52:18

カラスが帰って行きます〜2010-07-20 19:52:18

雨でも降るのかしら?2010-07-20 19:52:18

日暮れ時...2010-07-20 19:52:18
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-20 20:09 | 徒然

ボランティア講習

 今回は、スタッフでしたが...講習のお手伝いや、会場から現地までの搬送を手伝いました。でも、講師がとても素敵な方で...学ぶ事がいっぱいありました。車椅子の子供の介護を19年なんて言うと、車椅子の扱いはプロ?ッて思われますが〜実は知らない事がいっぱいあるのです。

 私たちの時代は、車椅子をポン!と渡されて...なんの説明もなく、説明書もブレーキの一が書いてあるだけです。特に「使え」とは書いていませんから...昔は事故が良くありました。坂道を、介護者が一休みしている間に落ちていたとか...
 
   ですから、私たちの介護は、あくまで自己流での介護です。

 ところがプロの講師の話しを聞くと...私たちと全く同じ方も居るのですが、今回の講師のように、「介護者の体の負担が少ないサポート」を教えてくださる事があるんです!!

     そんな時は、、とても嬉しくなります!!

 障害者にも、介護者にも、優しく負担の少ないサポートを勉強したいと思います。 

*アイマスクで、白杖で歩く...バリボラ講習1

*駅前の横断歩道をわたります...
 2010-07-17 19:30:11


*段差を上がる時は...

 その1 前輪を上げましょう!
  ハンドルを両方つかみますが、足を車輪の近くのステップバーにのせて前進しながら斜め上に進むような気持ちで...ハンドルは自分のお腹に引きつけるようにして...足でステップバーに負荷をかけて進むのです。
2010-07-17 19:23:22
      そうすると...自然にウィリーが出来ますよ〜〜〜

 その2 手加減を確かめてください。ちょうど後輪だけで前進しやすい角度がありますから、その角度まで傾けながら前進して、歩道の縁石にタイヤがぶつかるまで進みましょう。こつんと当たってから、ゆっくりと歩道の上に前輪をおろしますよ〜「足を添えて静かにおろす」と、乗っている方へのショックがありませんよ〜

  このままですよ〜このまま、そーっと...斜め上をめがけて押してください!

 2010-07-17 19:23:22
      このとき、、ハンドルを持ち上げませんよ!!

 あくまでもタイヤを転がして上がるんです!!2010-07-17 19:23:22
      
 見ていても、、とても綺麗なフォームでした。。無理な力を入れずに自然と進めて行くので、どちらの負担も軽くなります。「ガクン」と言う衝撃がありません!

 サポートする方法も、、日々進化しているんですね〜〜

  わかった気持ちにならないで、これからも学んで行こうと思います!!
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-17 19:30 | 徒然

ころんだ!!

 おそば屋さんに入ろうとしました。。ほんの3段ほどの階段でした!

 Kの車椅子...階段を私が後ろ向きに上りながら、後ろ向きの車椅子を引き上げる方法で...ところが先日ハンドルが片方もげているために、持ち方が不安定でした。

 Kの前に店員さんが回って、下から押し上げてくれようとしたのですが...旨く呼吸が合わず、私が階段の上から正座状態でずずっと落ちてしまい...気がついたときには、路面にKが寝転んでそこに私がスベリ落ちてしまいました〜

 Kは少し背中を打った様です...

 それよりもKは、私の怪我ばかり心配をして...指先の擦りむいた傷や足を心配するばかりです。自分は、痛くない!って...でも車椅子ごと空を見上げていたんだから、絶対痛いだろうに!!

 怪我をさせてはいけない体のKを、転ばせてしまった!!

  は〜全くもって情けない親です。。自己嫌悪〜〜〜

 微妙な段差で、、大丈夫だと思ったんだけれど...大失敗!!

  もっと、もっと、体を鍛えなくちゃ!!

 まだまだ、Kの自由は遠いのだから...

  やっぱり〜年かな?ッて思いつつも<<負けたくない!!>>

   おしっ!! 頑張るぞ〜〜 頑張る!! ゼッタイ!!

  ただやっぱり...ハンドル一個はダメだね!って結論です。。

      2個ある物は、、2個ないとさ!!

 
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-15 13:55 | チェアウォーカー

僕たちで行ってきます!

 夏休みに、苫小牧から友達が遊びにくるそうです。我が町を案内するとの事で、放課後、友人の車で下見に出かけます。

 お母さんが車を出そうか?ッて聞いたら...「僕たちで行ってきます!」

      いいな! いいな! 楽しそうです...

 彼は車椅子だけれど〜俺たちと一緒だから...出来ない事は「空飛ぶ事かな?」なんて紹介されていたり...だからカラオケもダーツも大丈夫! 一緒に出来るって...

 そうそう、高専に来てから本当にいろんな経験を積んでます(笑)

 私たち両親なら気がつかなかったことです。。

「ダーツ・アーチェリー・階段しかないレストランの2F」どこへでも,ひょいと担いで,もろともせずに行ってしまう!

 遠足や会社見学も、、普通の観光バスに「これまた担いで乗せてしまう〜」

   みんなといっしょがいい! ってたった一回しか言ってないのに...

 部活の遠征は1〜3泊でも...Kが行くと言えば...「いってらっしゃい」って、私はお留守番です。

 18・19にもなって母親にくっついていたら、それはそれで気持ちが悪いけれど〜朝と晩くらいは、家に居てほしいなあ〜って思っています。

     目下の彼は,一人暮らしを目指していますが!!

 
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-14 15:33 | チェアウォーカー

素敵なお土産〜

 今朝は洗濯物を干していたら...近所のニューヨークにお住まいの娘さんからお土産をいただきました〜2010-07-13 10:48:43

 ニューヨーク在住で夏休み帰省をしたのですが、明日から日本の小学校に通わせてみるそうです。旨く行くか心配なんだけれど〜とのこと...日本語を楽しく覚えられますように!!

 日本の小学校の思い出が,楽しい物でありますようにと祈っています。。
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-13 11:36 | 徒然

夕暮れ散歩

 昨夕、市民会館の庭にて...2010-07-13 10:48:43
 今夜は,美輪明宏のコンサートです。。音楽鑑賞協会に入っていて,2ヶ月に一度は必ず何らかの例会(コンサート)に出向きます。落語だったり,民族音楽だったり,クラシックだったり多種多様です。自分では絶対購入しない...そんな音楽も聴けるのが醍醐味です(笑)

 この日は障害車用の駐車場に止めたくて、5時半に行きました。コンサートは6時半からなので、車を止めてから歩いておそばを食べに行きました。Kも久しぶりの散歩です〜お天気が良く気持ちのいい夕暮れでした。

 公共施設なのに...何かしら困ります(ム)

 まず駐車場は、一般の駐車場の中に障害車のスペースがあるのですが...一般が満車になると,警備員が障害車用に一般車両を誘導します。また券を取ってバーが上がるタイプの駐車場なので、障害車駐車場があいていても,一般が満車になるとバーは上がらないのです...

 これは10年前から苦情を言って,何度も市議会で話し合われていますが...議員も市役所も、なんら措置はしていません.放置です〜〜

 今回は一般駐車場が満車になる前に,侵入しました(苦笑)

 後は時間をつぶせば良いかと...そして参ったのが「トイレ」

 そろそろ時間だと駆けつけてみれば...車椅子トイレは,一つしかないために「杖歩行を含む6人ほどが並んでいます」これを待っていては開演に間に合わなくなる〜トノ事で、急遽散歩道をもどって市民体育館のトイレを借りました。そして5分前には着席出来ました。

 トイレが足りない,駐車場の不便、問題の多い公共施設です。他の年に比べると、ちょっと恥ずかしいかもしれませんよ〜〜って話しています。

 コンサートでまた,一悶着!

 美輪さんが,話し中に「静かにしてください!付き添いの方はなんとかしてください!」と怒られるほど...ちょっとマナーが悪かったのでした。やはりコンサートは、参加する側にもエチケットがあります。年齢・静かに聞く事が出来るかどうか... 静かに出来なければ,参加を控えるべきだ...と思います。嬉しくなると奇声を上げてしまう、この子はこのコンサートを喜んでいます!と言われても...やはり奇声を上げて良いときと行けない時があります。

 美輪さんが,私たちが知る由もない戦時中の体験話しをしていて...とても笑える内容ではなかったのですがケラケラと笑い転げてしまって...

 「どうにかしてください!」と言わせた観客側の責任を恥ずかしく思いました。近くの席の方がひとこと言っても良かったと思うし... 主催者側が注意しても良かったと思います。

    演奏者に言わせるのはいかがなものか...


 
[PR]
by razuberi3 | 2010-07-13 11:04 | 徒然