子育てが終わって、これからが私の独り歩きです!


by razuberi3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

待ちに待った教育相談1

待ちに待った教育相談1


 本当はまだ、先生と生徒のゴ対談なんですが、けがの直後ということもあり学校の中も落ち着かないようなので,三者懇談でお願いしました。
 う〜ん....今はまだ時期も早いので、進路に関しては受け入れを心配せずにがんばっていこう!!

*成績をAランクまでひきあげよう!
*英検も最低で準2級とろう!
*公開模試を受けて力試しをして、外部の試験になれよう!

 早くも、「余裕でいける私立」はお断りされました。国公立で頑張るしかありません。国公立でも決してどうぞと両手を広げてはいません。ただ前向きに考えましょう...というレベルのようです。

 とても熱心に自然に受け止めてくれた学校は、私立では、ラサール学園だけなんです。わが校は、障害に対しての偏見差別はありません。どうぞがんばって受験して下さい!!

 Kは有名校であることで、びびっています。ちょっと敷居が高いよ....でもいってみなくちゃね、見学に行こうと思います。学園事態は、私の兄がもう28年も前に卒業しています。よく遊びにいってた高校なので...私はいいとこだよお〜なつかしいなあ〜なんて思うのですが、Kは引いています。

「厳しそうだ....」なんて、どこいっても優しいところはなかったくせにね!

 まず成績をもっとあげていこう!!ということです。

 生活面は、給食をさげるとき「じゃんけん」をするという。当然負けた子が全部さげることになる。便乗しておいていく奴もいて「すごい数だ」という先生....

『今日は負けてすごい量だったのに、がんばってたな!!』

   (そんなにすごかったら、先生が注意すれば?!)


『どうかと思うんですけど...わはは...ははは!...お前にそこまでやらすかよ!!って思うんだけどKはやってました。』


   (ふう〜...わたしができるリアクションありません)

*いつも思うんだけど何か起きた時に先生方は、「あいつはいいのか?」と5人も6人も名前を出してきます。


  あきらかに「いやがらせ軍団」と認識してのことばです。

「どうしてここまでほっておいたのか!!」親としては思います。どこで、ちゃちゃをいれたらいいかわからない...というけれど、常識の範囲があるのではないでしょうか?

 先日も「Kのかたわもん」といった子がいるという。そのときは先生もその子を呼び、話をしたそうです。それでも心配で、Kを呼んで話を聞いたら

         『気にしてないという』

K)だって、俺「カタワ」じゃないもん!!...全身だもん!!
 
      (そんなあ〜....母ぎゃふん!です。ぜ・ん・し・ん・!?)

先生)小さなことをぐずぐずいったら、普通に対等につきあっている友達に同情されるから嫌だっていうんですよ...

 おまえはさあ〜 そうやって同情されることなく,対等にやっていくやつなんだよなあ....

 Kは...『同情されない障害児』なんですよ...おかあさん!!


母)けがだけは、いつものことですが絶対避けてくれるようおねがいしますね!!...やっぱり、私には辛い気持ちが残りました。


    『Kのがんばりを本当に認めてくれているのだろうか?』


コメント

Re:待ちに待った教育相談1(11/02)

>『Kのがんばりを本当に認めてくれているのだろうか?』

 どこの世の中にK君の頑張りを認めない人がいるの?

 そりゃ受験ではシビアにならざるを得ないけど、受験する前に「障害がある奴がなんでうちの高校を?」って言うような学校なんてお断りでいいじゃない。

 私はそう思ってるよ。一緒に行った友人はうるうるしてたけど、受験(面接試験)する前に、入学する前に気づかせてくれて「ありがとう〜 受験料が無駄になりませんでした」ですわ!                        (2004年11月02日 11時21分)


Re:待ちに待った教育相談1(11/02)

寒さが本格的になって来てるのでしょう?

こちらは暖かい日が最近続いてますよ(^^)分けてあげたいです!

Kくんのがんばりは、きっときっっと、、(^0^)
                    (2004年11月02日 23時29分)


Kは手も足も不自由なので... 私は、、、

 カタワじゃなくて全身だと言い切ったのが、なんだか妙に動揺しました。

  「そんなこと....言わせないでよ!!」とおもっていました。

 ろくに話を聞かずに断ってきた私立もねえ....狭き門だけに....希望もしてないし、いく気もない学校ですが、断られるとおもしろくなかったの。

「どうせ、いかないわよ!」...とあきれたけれどねえ〜受験料無駄にせずにすみましたあ!!

 ほんとよ!!

 ア子さん、ほんとにさぶいのお〜....一雨ごとに雪に近付く感じです。

 疎開したいかな?           (2004年11月02日 23時42分)


欲しいのは.... 欲しいのは同情じゃないんだよね。
 
 一生モノの友情なんだけどなあ。
 
 先生わかってますか?(ショック受けつつ、憤り感じました)

 そういえば、この言葉そのまま担任に言ってやったわ。
 
       小学校の私の担任の先生に。

 弟が校内の養護学級に途中から入った時に、私が周りの偏見にさらされているにもかかわらず放置しやがった担任です。

教育者の方々へ

 同情で教育なんてしないで下さい。しっかり愛情で教育してください。

 子供達は大人のことしっかり見ていますよ!!!

美麗様  ラサール行って見ましょう。

 受かる高校行っても仕方ないでしょう。
 
 高望みくらいのところに照準あわして目指すべきだよ。

 私はKの頑張りを認めているつもりです。
 
 これからも応援するからね★       (2004年11月03日 13時47分)



ちょっと寒くてトゲトゲしてたかな?  (私)

 助けをもとめなくても、担任だったら言葉使いなんか注意すれば!!...て思う。

 いちいちKがいいつけなくても、会社で仕事中に同僚に『おい、かたわ.』なんていえないでしょう? 社会生活上において、常識的に使用しない言葉を使ったら、近くにいる大人が注意すべきだって思うの。

 「自主的に使わなくなるまでまつ!」っていったって、、、、

 『使って良いか悪いかも分からない子供たち』には無理なんですから。。。

最近父兄もいいだした。K君くらい強くなくちゃね、やってけないわよ!!

 感じてほしいのは、『Kの強さではありません!!』


 みんなで、仲良く くらしていくこと!!

                      (2004年11月03日 15時04分)
[PR]
by razuberi3 | 2009-11-02 12:45 | チェアウォーカー